祝!完成記念STAFF座談会

はじめはボードゲームをつくるはずだった!?

桝田:いやあ!完成しまね!

宮岡:長かったなァ!うくく…。

全員:やったー!終わったー!(拍手)(拍手、しばらくつづく)

門倉:データ(イースト)さんからサンプルROMをもらってやってみたんだけど…いーですねー!いいです!

宮岡:そう言っていただけると、本当にうれしいですよ!

桝田:山本きん?もうおやりになりました?

山本:あ。すいません。ファミコン持ってないもんですから(笑)。

富沢:そういえば、山本さんと宮岡さんと木村さん、3人とも同級生だって聞きましたけど。小学校からの。

木村:そうなんです。山口県防府市松崎小学校の(笑)。ボクだけ中学校がちがうんだけど。高校でまた一緒になって。

宮岡:クラブも一緒でしたよ。文芸部という。

山本:わはははは。

桝田:でも珍しいね!そこまで長いっていうのも。(この話題、しばらくウケる)

宮岡:まあその、このゲームをつくりはじめた頃は、ファミコンRPGの絶頂期って時期でしたからね。ところが出るRPG出るRPG、みんな同じに見えたんですよ。

木村:本当は、ボクら3人、ボードゲーム風のゲームをつくろうって話で、企画を練ってた。ところがどうも、これは、というアイデアが出なくてね。

富沢:そしたら、桝田さんから連絡がありましてね。どうも、データイーストは本気でやるらしい、と。

桝田:本気でやるからには、売れなきゃいけないでしょ。

門倉:あ、それでね!RPGに!うーん。

宮岡:3人とも、もともとRPGが好きだったし。それにちょうどぼくは、乗り物に乗れるゲームをつくりたいという願望があった。戦闘のあるゲームで乗物とくりや、こりゃもう戦車っきゃないでしょう!

木村:そこから企画が通るまでははやかったよね。

桝田:そのあとが遅かったりしません?

宮岡:へへへーっ。申しわけないっ!

『メタルマックス』は流れにさからうゲーム

門倉:でも、あれですよ。けっこう変わってますよ。このゲーム。セリフもおかしいし。

山本:こないだ宮岡の事務所で、初めてゲーム画面、見せてもらったんですけど、思ってたより絵がきれいなんで、びっくりしました。

富沢:この世界には、山本さんのモンスターがハマったなって、みんなで話してます。それに音楽もいいですよ。とくにあの、指名手配の怪物と会うと。戦闘する時の曲がちがう、あれ!

木村:あれはいいよね!

富沢:出たなーっ、てかんじ、あるでしょう。

桝田:で、どーんと山本さんの、イっちゃってる怪物がくるんだよなー!

宮岡:とてもこういう仕事、初めての人とは思えませんね。

山本:いや、絵かきさんがうまいデジタイズっていうんですか?

門倉:音楽のプログラムもいいですよ。けっこういい音で鳴らしでくれてます。

桝田:くわしいから。門倉さんは。ゲームよく知ってるもん。

宮岡:ヘタすると、ぼくらよりやりこんでますよ。ネオジオも持ってるし。

富沢:WINKとか工藤静香とかの仕事やっくゲームするんてありますねー。

門倉:アッハッハッハッ。

木村:『メタルマックス』のCDは出さないんですか?

門倉:ん~。いまのところ、ないです。そーゆー話は。だけどこの仕事、やってて楽しかったですよ。すっごく。ゲーム自体もそうなのかしんないけど、音楽にも制約がなくて。自由にやらせてもらったってかんじで。

木村:たしかに、このゲームくらいいい加減に先に進めるRPGも珍しいよね。

宮岡:それがポリシーだったからね。このゲームの。

富沢:他の人と同じことやっても、つまんないですよ。流れより先にいくか、流れにさからうかですよ!

宮岡:それだよね。それ。ドラクエもFFもストーリーって方向を向いてるときだから、あえて流れにさからうゲームにしたかった。

木村:ストーリーじゃなくて、世界だと。世界観で勝負してるんだ、『メタルマックス』は。

桝田:というところで、そろそろ時間がなくなってきました。では最後にユーザーの皆さんに向けて、ひと言ずつあいさつを!

木村:けっこういいデキだと思います。楽しんで下さい!

富沢:流れにさからってるし、ちょっと先にいってる部分もあるかな。まあそういうわけで、遊んでやって下さい。

宮岡:ふつつかなゲームですが、皆さんにかわいがっていただければ光栄です。

門倉:けっこういいです。ヘンです。きてます。音楽もよろしく。

山本:山本です。モンスターをかきました。

桝田:マスダでございます。データイーストのプログラマーのみんなのぶんもやります。買って遊んでね!(笑) え?あと10秒ある?じゃ、最後にみんなで、ほら!(全員、起立)

全員:ワン、シー、せーのッ!

评论

请输入您的评论. 可以使用维基语法:
W X N D C