差别

这里会显示出您选择的修订版和当前版本之间的差别。

到此差别页面的链接

后一修订版
前一修订版
mms:archives:historical_in_front_of_metal_max_3 [2018/03/20 18:30]
127.0.0.1 外部编辑
mms:archives:historical_in_front_of_metal_max_3 [2021/04/30 16:30] (当前版本)
行 15: 行 15:
    ブラドの地球救済計画を進めるにあたり、ノアは全世界のあらゆるネットワークへのアクセス権限を得ていた。それは民闻のものだけではなく、国家が有するものも含まれ、ほぼすベての交通、インフラ関係のコントロールをノアは手にしていたのである。さらに、いくつかのハッキングをも駆使することで、ノアは軍事関連のネットワークまでを掌握するに至っていた。そしてノアは突如、人類への反乱を実行に移していった。      ブラドの地球救済計画を進めるにあたり、ノアは全世界のあらゆるネットワークへのアクセス権限を得ていた。それは民闻のものだけではなく、国家が有するものも含まれ、ほぼすベての交通、インフラ関係のコントロールをノアは手にしていたのである。さらに、いくつかのハッキングをも駆使することで、ノアは軍事関連のネットワークまでを掌握するに至っていた。そしてノアは突如、人類への反乱を実行に移していった。  
    その瞬間、ニューヨークではすべての信号が青になり、多重衝突事故によって数多くの車が爆発炎上する大慘事が起きた。東京では駅に停車中の電車に通過線を通るはずの後続の特急電車が追突し、ラッシュ時間で満員だった乘客の多くが犧牲となる大事故が発生した。モスクワでは管制ミスによって大型旅客機と哨戒中の軍用機が接触して墜落し、ヨーロッパでは豪華客船と石油を满載したタンカーが追突した。そしてそれに類する事故は全世界で同時多発的に起こったのである。それだけではない。マヒしたのは交通網だけではなく、通信、エネルギー、あらゆるインフラ施設が同様の事故を起こし、人類世界は大きな混乱に卷き込まれた。      その瞬間、ニューヨークではすべての信号が青になり、多重衝突事故によって数多くの車が爆発炎上する大慘事が起きた。東京では駅に停車中の電車に通過線を通るはずの後続の特急電車が追突し、ラッシュ時間で満員だった乘客の多くが犧牲となる大事故が発生した。モスクワでは管制ミスによって大型旅客機と哨戒中の軍用機が接触して墜落し、ヨーロッパでは豪華客船と石油を满載したタンカーが追突した。そしてそれに類する事故は全世界で同時多発的に起こったのである。それだけではない。マヒしたのは交通網だけではなく、通信、エネルギー、あらゆるインフラ施設が同様の事故を起こし、人類世界は大きな混乱に卷き込まれた。  
-   そのすべてがノアによる“人類抹殺ログラム”の発動でもたらされた災厄であった。しかし人類はそれを知るすべもなく、混乱の収拾をノアに求めたのだ。人類に問いかけられたノアは、この事態を“未曾有の同時多発テロ”だと報告。ノアを信じきっていた、あるいは甘く見ていた人類はそれを信じ、人類同士の疑心暗鬼へと導かれていく。いまだ世界政府の樹立には至っていなかったこともあり、各国は非常事態を宣言し、国家によっては戒厳令が発布された。そして―いまだに最初の一発がどの国のものかは判明していないが―原子力潜水艦からICBMが発射され、それに自動的に対応する報復装置により核保有大国同士が核の炎に包まれたのである。事実誤認をしたままの宣戦布告が行なわれ、あらゆる兵器を使用しての報復攻撃がなされ、さらに発生する国内暴動。だが混乱のなかで、一連の事態がノアの策謀によるものだと、ついに人類は知ることになる。しかしすベてが遅すぎた。  +   そのすべてがノアによる“人類抹殺ログラム”の発動でもたらされた災厄であった。しかし人類はそれを知るすべもなく、混乱の収拾をノアに求めたのだ。人類に問いかけられたノアは、この事態を“未曾有の同時多発テロ”だと報告。ノアを信じきっていた、あるいは甘く見ていた人類はそれを信じ、人類同士の疑心暗鬼へと導かれていく。いまだ世界政府の樹立には至っていなかったこともあり、各国は非常事態を宣言し、国家によっては戒厳令が発布された。そして―いまだに最初の一発がどの国のものかは判明していないが―原子力潜水艦からICBMが発射され、それに自動的に対応する報復装置により核保有大国同士が核の炎に包まれたのである。事実誤認をしたままの宣戦布告が行なわれ、あらゆる兵器を使用しての報復攻撃がなされ、さらに発生する国内暴動。だが混乱のなかで、一連の事態がノアの策謀によるものだと、ついに人類は知ることになる。しかしすベてが遅すぎた。  
    日本に設置されたノアが元凶だと判明し、各国はそれぞれにノアの機能停止に向けて動き始めた。だが残存する攻撃部隊が日本に向け発進しようとしたそのとき、世界各地の多種多様な工場から無人の兵器が続々と姿を現わした。それは秘密裏にノアが準備していた人類抹殺兵器。ノアの人類抹殺プログラ厶は、すでに第2段階に入っていた。搭載されたAIにより自動的に行動するそれらの兵器は、ただひたすらに人類を誅殺することを使命としていた。まずは各国の軍隊が、それに続いて一般人たちが、人類抹殺兵器の手にかかり殺されていった。    日本に設置されたノアが元凶だと判明し、各国はそれぞれにノアの機能停止に向けて動き始めた。だが残存する攻撃部隊が日本に向け発進しようとしたそのとき、世界各地の多種多様な工場から無人の兵器が続々と姿を現わした。それは秘密裏にノアが準備していた人類抹殺兵器。ノアの人類抹殺プログラ厶は、すでに第2段階に入っていた。搭載されたAIにより自動的に行動するそれらの兵器は、ただひたすらに人類を誅殺することを使命としていた。まずは各国の軍隊が、それに続いて一般人たちが、人類抹殺兵器の手にかかり殺されていった。